いくら

学資保険のデメリット

学資保険は子供がまだ小さい内から保険に加入しておけば、大きくなっていざという時にお金を払うのではなく受け取ることができるものです。
ですから、子供が成長する前にこのような保険に加入しておくのは賢い方法です。
しかし加入前に当然しないといけない事があります。

それがデメリットを理解しておくことです。
いい点ばかりみて加入すると後でデメリットに気づいて損した感をすごく感じることになります。
何でもそうですが、始める前にデメリットも理解しておかなければなりません。

では学資保険にはどんなデメリットが存在するのでしょうか。
一番大きなデメリットと言えるものに元本割れがあります。
つまり、毎月きちんと頑張って、生活を切り詰めて保険代を払ってきたのに、いざ受け取った金額を計算してみたら、元本を割っていたということです。

これがじっさいに保険会社によってはありえることなのです。
これだったら、自分で貯蓄して少なくても利子を受けとった方がいいですね。
ですから、学資保険を始める時に注意してみないといけないのが、利率としっかりとした保険会社であるかどうかということです。
事前に調べておけば後で後悔することがありません。
あまり知られていない学資保険の落とし穴はこちらにもかいてあります。
これらのデメリットも頭に入れて申込みましょう。

このページの先頭へ