いくら

学資保険の選び方

<本文>
学資保険は、以前は郵便局だけが提供している保険商品でしたが、人気が高かったことから多くの保険会社が提供するようになりました。
これだけ供給する側が増えたということは、選ぶ側は賢く選ぶ義務が生じます。
ではどのように学資保険を選ぶ事ができるでしょうか。

まず、最初にいるかどうかを考えましょう。
学資保険はもともとすごい貯蓄があり、教育費に関して何ら心配していないなら加入する必要すらないかもしれません。
また保険内容が生命保険と一部かぶるところがあるので今入っている生命保険といったい何が違うのかをしっかりと考えなければなりません。

もし重複しているようならお金の無駄使いになるだけです。
こういった点を考え、どうしても入る必要があるかを再確認します。
次に選ばないといけないのは保険の内容です。

会社よりも先に内容で考えましょう。
貯蓄型にするか、保障型にするかといった点です。
貯蓄型はその名のとおり、メインがお金の返戻率になります。
保障型の場合は、保障が充実されていて、お金の返戻率があまりいいものではありません。
このように最初に自分の子供にどんな保険が必要かをよく考えて、その上で保険会社を選ぶのであれば本当に自分にぴったりの学資保険を見つけることができます。

このページの先頭へ