いくら

学資保険に入る理由

子供を育てるにあたって一番かかるお金が教育費です。
しかも、こっちが経済的に辛いかどうかに関係なく支払わないといけない日がやってきます。
しかもその支払いの金額も決して小さな金額ではありません。

そこで、考えることができるのが、学資保険です。
大きくまとまった金額を払う時は、大体決まっています。
ですから子供がまだ小さい内から学資保険に加入し、ある程度蓄えをしておいて、その決まった時が来たら自動で保険会社から支払われるというわけです。

これにより、今はお金がないから払えないというような事態を避ける事ができます。
また、日本での銀行の利子はそこまで良いものではありません。
というか全く期待できません。

一生懸命定期を組んだとしても、もらえる金額など、ごくわずかです。
そうであるならば、学資保険に入っておき、それよりよい返戻率の会社で学資保険に入れば実際に自分が預けた金額に上乗せされて支払われます。
そうすれば、生活もかなり助かりますし、その時になってバタバタする必要が全くなくなるというわけです。
更に、学資保険は保険商品なので加入者、保護者に何かがあったときも保障されるしすてむになっています。
こういった点を考えると、学資保険に入る理由がたくさんあるのです。

学資保険の満期についてなのですが、みなさんはお子さんが何歳のときに設定してますか?
誕生日によって違いは出てきますが、18歳で設定してしまうと大学の入学準備までに間に合わない可能性があるようです。
学資保険の満期年齢の決め方や一時金をもらうタイミングについてはこちらのサイトに詳しく解説されていますのでご覧ください。

このページの先頭へ