いくら

学資保険の必要性

学資保険は入る前によく考える必要がある保険です。
分かりやすく言うと、小さい頃にその子が大きくなった時に必要な教育費を払っておくというものです。
この必要性に関しては人によって違います。

まず自分の家に安定した収入があり、子供が大きくなっても問題なく教育費をまとまった金額払うことができる場合は、そこまで必要ありません。
なぜなら、そこから払えばよいからです。
各保障をつけたい場合は、極論から言うと、生命保険の保障を手厚くすればよいからです。

しかし、一般の家庭で、子供には大学まで進んで勉強を頑張って欲しいという場合があります。
今は大学進学が当たり前になっているからです。
そういう場合、子供が大きくなってからは、本当にどんどんお金がかかるようになってきます。

ですから事前に学資保険に加入しておくならば、まとまった金額が必要になった時も動揺する必要がありません。
12,15,18歳の時に、必要なお金を受け取る事ができるからです。
子供の将来を考えて、小さい時からお金をとりわけておくなら、それが賢い備えとなります。
もし自分できっちり、お金を管理できる人で学資保険が必要ではないと感じる人もいるかもしれません。
その場合もあまり必要ではないでしょう。

このページの先頭へ