いくら

学資保険の保険期間

学資保険の保険期間は当然、加入者によって異なります。
しかし、一般的なベースとして、満期となるのは18歳が目安です。
その他にも15歳、22歳と選べます。

つまり、一番お金がかかる高校入学時、大学入学時に合わせて満期になるパターンがほとんどです。
なぜなら、学資保険の目的が最初からここにあります。
子供が生まれた頃に将来のことを考えて、先に毎月少しずつ教育費を蓄えておこうという発想で生まれた保険だからです。

何があるかわからない時代だからこそ、子供に普通の教育を受けてもらうために、この保険に加入するのです。
自分で賢く貯蓄できるのであればそれで良いのですが、生活するとわかるとおり、貯蓄の場合は残ったお金からとなってしまいます。
毎月ぎりぎりの生活をしているとなかなかお金も残らないのが現状です。

それで学資保険で確実に払わないといけないお金として確保しておくことで確実に積み立てていけるのです。
しかも学資保険の場合は受け取る時も自分で決定することができます。
満期になるのが18歳であるとしても、保険会社と話し合って、保険金の受取を17歳に設定することができるのです。
それも一つの魅力と言えます。
学資保険の保険期間は大体が18歳までとなっています。
加入する年齢はお子さんが小さいうちなのですが、子供が生まれてからだと保険を選んだりする時間があまりとれなくなります。
学資保険は子供が生まれる6ヵ月前から加入できるそうなので、早めに準備しておくと良いのではないでしょうか。

このページの先頭へ