いくら

学資保険の保険料は?

保険料は当然、保険内容によって大きく変わってくるので一概に毎月いくらですと言い切ることができません。
しかし、逆に言えば保険内容を自分で考えれば、保険料は予算内に抑えることができるということです。
ですから、最初に毎月このくらいの金額であれば家計を圧迫しないという金額を決めることができます。

それから合ったものを探す事ができます。
家計を圧迫してまで入るものではないので、それは理解しておかなければなりません。
もし圧迫するようであれば、自分で毎月少額を貯蓄していくことをおすすめします。

ではどんな学資保険を選ぶかという話になるわけですが、保険料を重視するのであれば、元金割れしない学資保険を選ぶことが重要です。
この場合、保障内容に目を向けるのではなく、とにかく自分が支払ったお金に上乗せで確実に返戻率が100%を超えるものを選ぶことができます。
そうすれば確実に損することはありません。

またどれだけ保険料を払っていてもそれ以上のお金が返ってくるのであれば、そこまでダメージを受ける事はないからです。
今は、見積もりサイトもあるので、自分の年齢で毎月いくら支払うのかをすぐに計算してくれます。
そういったツールを利用して保険料を算出できます。
安いものは5000円切るものもありますし、保障内容が充実すれば15000円以上のものもあります。

加入する保険が見つかったら次は加入する必要があるのですが、学資保険に加入するまでの流れが一通りこちらに載っていますので、何が必要なのか事前に知っておくと良いでしょう。

このページの先頭へ