いくら

家計に負担のかからない学資保険

保険は飽くまでも保険です。
ですから家計に負担になり、生活がやりくりできない状況にまでなって入るものではありません。
ですから、家計をすごい勢いで圧迫しているのであれば、加入しないのが最善です。

特に学資保険は加入してもしなくても良いものなので、無理する必要は一切ありません。
また、どの保険でもそうですが、保険内容を自分で選ぶことができます。
無理にたくさんの保障がついたものを高い金額払って購入するのではなく、自分の身の丈に合った保障内容を選ぶことができます。

安いものであれば、毎月5000円を切るものもあります。
これならそこまで家計を圧迫することはありません。
しかも子供が大きくなってまとまった教育費が必要になった時にまとまったお金を受け取る事ができるので、かなり助かります。

他にも様々な方法で、保険料を抑えることができます。
もし子供が二人以上いるなら相当な金額がかかってしまうわけですが、保険会社によっては兄弟割引や、二人目以降が更に安くなるといったサービスを展開しているところもあるので、そういったサービスを賢く利用することです。
そうすれば家計を圧迫させずに学資保険に加入できます。
安くてシンプルなもの、サービスを賢く利用しましょう。

このページの先頭へ