いくら

学資保険の基礎知識

学資保険に加入する前に最低抑えておきたいのは学資保険がどういったものなのかという点です。
これが分からないと何を選んでいいかもわかりません。
学資保険は基本的に目的で分けると4つになります。

一つ目は、教育費にかかるお金を子供が小さい内から貯めておく、貯蓄目的のものです。
子供の教育費は、大体1000万円くらいはかかります。
計画的に貯蓄は難しいので学資保険を利用できるのです。

もう一つが、保障内容、子供の病気やケガに関するものです。
教育費も心配ですが、それ以上に心配なのが健康です。
大きな病気にかかったり、ケガをしたりしたら気が気ではありません。

そういった面を学資保険で補うことができます。
もう一つが、親が死んでしまった場合です。
考えたくないことですが、事故はいつ誰が遭うかわかりません。

ですからその時の備えで、もし自分が死んでも子供に十分な保障が与えられるようにするためのものです。
最後は他人をケガさせてしまった時の保障です。
子供同士で遊んでいる時に、わざとではないにしても、ケガをさせてしまった場合、保障があると安心ですね。
このように学資保険には4つの目的があります。
自分が加入する前にどういう目的で加入するか基礎知識を理解しておくのは大切なことです。

このページの先頭へ