いくら

学資保険のメリット

教育費は誰もが支払う必要のあるものです。
しかも今の時代は誰でも大学に進学します。
そのことを考えても学資保険について真剣に考慮しておくのは大切なことです。

では貯蓄ではなく、学資保険にするメリットはどこにあるのでしょうか。
お金を毎月学資保険で支払うのと貯蓄するのとでは何ら差が無いような気がしますね。
しかし、実際は差があります。

それで、多くの人が学資保険を利用しているのです。
まず、一つ目のメリットは利率です。
上手に学資保険を提供している会社を選べば、なかなかの利率になります。

自分が支払った額より多い金額を受け取ることができます。
貯蓄した場合、今の銀行の利率は正直しれています。
また、毎月確実に貯めていくことができます。
支払いの様な形になるので、毎月キチンと支払う必要があります。

自分で貯蓄の場合はもしかして忘れたり、他のことに使ってしまったりするかもしれません。
更に、今の学資保険には、保険料免除の制度もあります。
頑張って支払いを続けてきたのに、不慮の事故に遭ってしまった、高度な障害を患ってしまった、その場合はそれ以後の支払いは免除されます。
これが貯蓄ではなく、学資保険、一つの商品としてのメリットであると言えます。

こちらには学資保険に加入するデメリットが載っています。
メリットばかりを見るのではなく、どういったデメリットがあるのかもしっかりと知ることが大切です。

このページの先頭へ