いくら

学資保険の税金・控除

学資保険と税金にどんな関わりがあるのかと思われるかもしれませんが、どんな形であれ収入が生じるときには、税金も発生する仕組みになっています。
それが所得税と言われるものです。
ではどの様に学資保険の税金を計算できるのでしょうか。

学資保険に限らず、何か特別に一時的な収入があった場合は、総収入金額-収入を得るために支払った金額-特別控除額(50万円)となります。
例えば、満期学資金300万円で子供が18歳になってそれを受け取るとします。
そうすると一時収入が300万円になるわけですから、税金がかかるのではと思いますね。

計算すると、もしこの時までに、総払込保険料が290万円だとすると、300-290-50=-40 となります。
つまり、特別控除額のおかげでほとんど税金はかかりません。
利率が低いことでこういったメリットも存在するわけです。

ですから最近の学資保険の場合、税金を心配する必要はほとんどありません。
ありがたい限りですね。
ただ、こういった知識も知った上で学資保険を申し込むのは大切なことです。
これにより、一回での受取の金額を決めることができますし、利率がよすぎる場合は税金が影響を受ける事だってありえるからです。
何も考えずに申し込みをするのではなく、税金も考えておくのは賢明です。

このページの先頭へ