いくら

学資保険の仕組み

基本的に分類的には生命保険に属します。
簡単に説明すると、子供が生まれて気になるのはやはり教育費です。
ローンとかも実際にあるわけですが、できたら賢く自分のお金の範囲内でやりくりしたいと考えます。

そこで利用できるのが学資保険です。
大きくなって、まとまった金額を支払う時というのは決まっています。
大体、15歳、18歳などですよね。

その時にまとまった金額が自動的に入ってくればかなり助かります。
これが学資保険です。
もし契約期間中に、親にもし何かあった場合は、それ以降の支払いは免除される優しい仕組みになっています。

また満期の時以外にも、育英年金が受け取れたりしますし、子供に事故か何か起きた場合にはその保障もつきます。
しかし、これだけ内容が充実してくると、学資保険に加入して返戻率がかなり低くなるもの出てきます。
要はたくさん保障をつけるからその分、積んだお金から支払ってもらうという仕組みになっています。

それでも保険ですので、お金がきちんと満期になるたびに返ってくるのであれば、受け入れられるかもしれません。
そのへんの細かい内容は自分でしっかりと選ぶ必要があります。
賢く選べば、かなりお得に利用できるのが、学資保険となっています。

加入すると毎月支払いがあるのですが、みなさんは月にどのくらい支払うように設定していますか?
http://www.waybetterunitedway.org/souba.htmlによると、多くの家庭では毎月1~2万円くらいに設定しているようです。
これ以上にしてしまうと毎月の生活が厳しくなってしまうというのが理由のようですので、これから加入する方は参考にしてください。

このページの先頭へ