いくら

学資保険の総払込保険料

総払込保険料とは、学資保険の受け取りのために保険会社に支払う全てのお金のことです。返ってくるわけですが、事前にこの金額を知っておけば、家計の算出にも役立ちます。
一般的な学資保険の場合は総払込保険料が大体決まっています。保険期間が18年間で、満期学資金が300万円、払込保険料が270万円です。
ようするに子供が生まれた時点ですぐに申し込み、支払いが始まります。しかし受け取りの年数は自分で決められるので、必要に合わせて変えることも可能です。18歳にならないと受け取れないということはありません。

また総払込保険料が270万円でも、実際に受け取る事ができるのが、300万円です。
これが学資保険の魅力となります。要するに30万円プラスされています。自分で貯蓄するよりもおいしい利率となっているのです。
これは飽くまでも一般的な商品になりますので、保障内容を更に充実させたり、もしくは受け取りの年数をはやめればそれだけ総払込保険料も変わってきます。
学資保険は、自分で内容を選ぶことができ、いつ受け取るかを決めることもできます。その中でも大体の総払込保険料の相場は18年間で270万円となっています。
自分でコツコツ貯めるのは難しい金額なので、学資保険で賢くやりくりできます。


このページの先頭へ