いくら

正しい学資保険の選び方

自分の必要に合わせて選ぶのが当然、一番大切な点になります。
その中でも子供が大きくなってまとまった金額が必要になる時のために事前に加入しておくものなので、いつ受け取れるかを考えて選ぶのは大切です。
例えば、同じ学資保険でも受け取りの回数が違うものがあります。

中学、高校入学時に少しもらうことができ、大学入学時にまとまった金額を受け取るものがあります。
ここで注意したいのがほとんどの場合、大学の入学金が、一番お金がかかります。
その入学金に学資保険を当てたい場合は18歳で満期受け取りだと間に合いません。

17歳で受け取る必要があるわけです。
ですから、未来のことで詳しくは理解することができませんが、それでも賢く計画しておけば、その目的に一番合った仕方でお金を受け取る事ができます。
ただただみんなが加入しているから学資保険に入るのではなく、自分と子供の必要をよく考えて、まずどういう目的で入るのか、そしていつ受け取るのが一番いいのか、そういったことを決めてから保険会社を選び出すと、スムーズに選ぶことができます。
せっかく加入するわけですから、一番自分と子供にあったものを選ぶべきです。
そうすれば正しい学資保険を選ぶことができます。

このページの先頭へ