いくら

学資保険の対象年齢

学資保険の対象年齢に関しては各保険会社で違いますが、共通的に言えることは早ければ早い方がいいという点です。
これには理由があります。
まず、ほとんどの保険会社が大体小学校の一年生までという制限を設けています。

ですから子供が一年生になるまでに考えをまとめて申し込む必要があります。
また、もうひとつの理由が親の年齢制限もあります。
子供が少し大きくなってから学資保険に加入しようとする場合、親の年齢も当然高年齢となります。

学資保険は親の保障も含まれるので契約者が若くて健康な方が、保険料は安くて済みます。
三つ目の点として、そもそも学資保険は子供が小さい内から大きくなった時に必要な教育費を貯蓄するためのものです。
ここから考えると、子供がある程度大きくなってしまっていると、例えば18歳で満期になるにしても、1歳から加入して18歳で満期と11歳から加入で18歳満期では10年の差があります。

つまり、それだけ毎月の負担が大きくなるということです。
これらの点を考慮すると、対象年齢は一般的な保険会社は小学一年生までとしていますが、早いに越した事がないことがわかります。
子供が生まれる前から真剣に配偶者と相談し、準備しておくことのできるものの一つが学資保険なのです。
こちらに学資保険を賢く選ぶ方法が紹介されているサイトがあります。
貯蓄重視でいくのか、それとも保障を付帯して子供に何かあった時に備えるか、どちらにするかはご家庭によって違います。
自分たちの予算に合わせてプランを設定するようにしましょう。

このページの先頭へ