いくら

学資保険のうまい使い方

上手に学資保険を利用したいと加入を考えている人なら思うはずです。
上手に学資保険を利用するためには、まず特徴を知る必要があります。
まず、元本割れをしないという点に注目できます。

学資保険はそもそも、子供の教育費を支払うにあたってどうしてもまとまったお金が必要になります。
その時に、毎月給料をもらっているその中からやりくりしないといけないというのはほぼ無理に近いです。
なぜなら、専門学校にしても、年間でうん百万がかかるからです。

ではどうやって対処することができるかというと、子供が小さい時に学資保険に入っておくという方法です。
つまり、自分の代わりに貯蓄してもらうということです。
そうであるならば、最低でも支払った金額はすべて返して欲しいですね、これが、元本割れしないということです。

これでお金がかかりません。
もう一つのうまい使い方が、お金を受け取るタイミングです。
これを間違えてはいけません。

お金の受け取りは17歳がベストです。
18歳では入学金などの支払いで間に合わないことがありえます。
ですから、受け取りの時期もよく考えて設定する必要があるのです。
元本割れをしない、受け取りタイミング、この二点を抑えておけば、学資保険を有効活用できます。

このページの先頭へ